「秋田森の会」会員誌~風のハーモニー~へ寄稿しました

木のある暮らし

SiNG 代表 武内伸文

先日、秋田市雄和の住宅街の一角にあるオークハウスという英国流アフタヌーンティーが楽しめる喫茶店を訪ねた。ログハウス作りで天井の高い気持ちのいい空間で、本格的な紅茶やスコーン(焼き菓子)を味わい至福の時を過ごした。秋田でこのような時間が過ごせることは驚きであったが、それに加えて驚かされたのが、その土地の空気の新鮮さである。隆々と木々が立ち並び、鳥のさえずりが聞こえる。深呼吸をするたびに心と体にエネルギーが充たされていく。懐かしい感覚が蘇る。

2年前に帰郷するまで、英国ウェールズ地方の首都であるカーディフ(人口約30万人:秋田市とほぼ同じ)に2年半ほど暮らしていた。カーディフは、歴史的な町並みが保存された緑豊かな美しい町である。町の中心を流れるタフ川沿いは公園となっており、全長約3.2キロにも及んでいる。公園内の芝生ではラグビーやフットボールの練習、ピクニックを楽しんだり、遊歩道でジョギングやサイクリングを楽しんだり、と市民の憩いの場となっている。そこには緑に囲まれた新鮮な空気とやすらぎの空間があり、人々の暮らしの一部として一体化している。

英国と比べ、日本の「暮らし」で思うことは、日常において「木」を感じる時間が少ないということである。決して緑が少ないわけではないが、なぜか日本では「暮らし」と「木」に距離を感じてしまう。
その理由を考察する上で、英国で感じた以下の3つの観点が参考になると考える。

一つは、「空間の共有」である。英国では空間をうまく共有している。例えば、英国の市街地に多く見られる連棟式住居では、各棟それぞれに裏庭があり、そこでティータイムやバーベキューなどを楽しんだりする。それぞれの敷居は低く、自分の庭だけでなく広い範囲の緑を見渡せるように設計されている。また郊外においても、私有地、公有地に関わらず、フットパスと呼ばれる誰でも自由に散歩ができる。

次は、「田園都市の発想」である。英国は都市計画のレベルで、自然と人間の調和を重要視している。エベネザー・ハワードの提唱した、自律した職住近接を前提とした緑豊かなコンパクトな田園都市が各地に存在し、都市拡大を抑制するための「グリーンベルト」という緑地帯も多く見られる。

最後は、「くつろぎの実践」である。アフタヌーンティーに代表されるように、一日に何度も紅茶の時間を設け、くつろぎの時間を楽しむ習慣がある。日常的には高級ティーセットなどは使わずに、マグカップにティーバッグなどで気軽にゆとりの時間を楽しむ。高緯度の英国では、短い夏の貴重な日差しを待ちわび、多くの人々が芝生に寝ころび日光浴を楽しむ。気取らずに実践する姿勢も、実を重視する英国らしいところかもしれない。

暮らしと木の距離を近づける上で、ハード(インフラ)だけでなく、ハート(気持ち)が大切だと考える。緑が身近にあることだけでなく、それを活用する気持ちが大切である。まずは実践してみよう。近所に芝生があったら、寝ころび日差しを浴びてみよう。森の中で大きく深呼吸してみよう。実践の先に自分なりのくつろぎのスタイルが見えてくるのではないだろうか。

「地元企業のCSR展」開催決定!(第三回わらしべ貯金箱同時開催イベント)

第三回わらしべ貯金箱の会場内の同時開催のイベントとして、「地元企業のCSR*(企業の社会・環境活動)展」の開催することになりました。

秋田の企業数十社に対して、社会・環境活動に関するアンケートを実施し、そのアンケート結果を会場に掲示します。各企業の日頃の社会・環境活動や今後のプラン等を紹介させていただくことで、市民への情報公開、企業間の情報共有の場になればと考えております。また、アンケートの掲示とは別に企業の社会・環境活動のPRコーナーも設置します。

<アンケート項目>
①企業名
②企業情報
③現在実施されているCSR活動
④今後予定されているCSR活動
⑤わらしべ貯金箱へのメッセージ
⑥展示資料の有無

*)CSR
「CSR」はCorporate Social Responsibilityを略したもので、日本語では「企業の社会的責任」と訳されます。様々な解釈がありますが、今回の定義は、「CSR=企業の社会・環境活動」と解釈しています。

ちなみに、もう少し厳密に解釈すると、以下のように捉えることもできます。
「CSR=企業はそもそも社会の一員であり、自らの利益追求のみを求めるべきではなく、社会における自社の存在意義を踏まえ、社会の社会的側面、環境的側面を視野に入れ、行動するべきであるという考え方」