投稿日時: 2012-1-8 20:53:58 (1277 ヒット)

青森県で毎年開催されている地方分権推進シンポジウムに参加することになりました。地域の底力というテーマで、活動をPRしながら、地方分権についての討議に参加してきます。

<第9回 青森県地方分権推進シンポジウム 〜地方分権で危機を越える〜 >
◇日時 平成24年1月12日(木)15:00〜17:30(開場 14:30)
◇会場 青森国際ホテル 3階「萬葉の間」(青森市新町1丁目6−18)
http://www.pref.aomori.lg.jp/kensei/seisaku/bunken_sympo_kokuchi.html

SiNG 武内


投稿日時: 2011-10-15 21:42:29 (1482 ヒット)

『「ふるさと秋田」・魅力再発見』というシンポジウムに参加します。
これまでの活動を通じて感じた、秋田の魅力について発言できればと思います。

■コーディネーター
 松岡 昌則(秋田大学地域創生センター教授)
■シンポジスト
 荒樋 豊(秋田県立大学生物資源科学部教授)
 小川 健吉(蟒淑源リーディングカンパニー代表取締役社長)
 長山 勉(「創作 海の会」主宰)
 武内 伸文(わらしべ貯金箱実行委員会代表)
■日時/10月16日(日)13:30〜15:30
■会場/秋田県生涯学習センター
■定員/100名(先着順)
■申し込み・問合せ先/放送大学秋田学習センター
〒010-8502秋田市手形学園町1-1 秋田大学内
018-831-1997 Fax018-837-4885
Email:akita-aktsc@ouj.ac.jp


投稿日時: 2011-3-4 20:55:36 (1255 ヒット)

3月5日(土)の午前中、ラジオで語ってきます。

エフエム椿台(79.6Mhz)10時~11時の「アキタまちなかボイス」という番組です。番組の新企画:『まちなか熱中人』というコーナーへの出演です。どんな放送になるか楽しみです。
スタジオはイーホテルショッピングモール(旧AD)の1F。公開生放送です。お時間ある方は是非どうぞ。

<アキタまちなかボイス>
http://akita.keizai.biz/headline/1007/

SiNG 武内


投稿日時: 2011-3-4 20:45:37 (1195 ヒット)

地元川尻小学校で講演してきました。
川尻小は私の母校で、久しぶりの学び舎への登校でした。
今回は小学校6年生約50人へお話させていただきました。
はじめに、生徒たちによる「川尻元気プロジェクト」の発表を聞かせて頂きましたが、どのプロジェクトも、広報がしっかりしてたり、無理せず楽しみながら行われている点などに、すっかり感心させられました。

講演では、英国での暮らしの話、秋田での社会活動の話などをお話しました。SiNGのいろいろな活動を紹介したのですが、「商店街スゴロク」と「わらしべ貯金箱」への関心が高かったようです。
講演後、様々な質問をいただきました。
「無理せず楽しみながらやっている点が自分たちのプロジェクトと似ている」
「いつから社会活動をやろうと思ったのか?」
「なぜ社会活動をやっているの?」
「秋田は元気だと思うか?」
また、
「中学になってバラバラになっても、社会活動を続けていきたい」
「SiNGの活動に参加したい」など
うれしいメッセージも頂きました。

後日、子供たち全員からメッセージカードを頂きました。先輩としてもっともっと彼らに夢や希望を与えられる存在でありたいと実感した講演でした。

SiNG 武内


投稿日時: 2010-3-21 21:45:39 (1630 ヒット)

まちづくりフォーラム2010にパネラーとして参加します。
講師として東京からもまちづくりの専門家もいらっしゃいます。
ご興味ある方は是非いらっしゃてください。

<まちづくりフォーラム2010>
◇テーマ:
『いま求められるまちづくりの経営力! わたしのまちにシアワセを創り出す仕組み』
◇日 時:3月22日(月) 13:00〜16:00
◇会 場:秋田拠点センターAL☆VE(アルヴェ)2階多目的ホール
      〒010-8506 秋田県秋田市東通仲町4番1号

13:00〜13:50 講演
 講師:木下斉氏(市街地経営研究機構) 「まちづくりの「経営力」養成講座概論」
 ※木下斉氏(市街地経営研究機構代表、著書『まちづくりの「経営力」養成講座』学陽書房、2009)による講演では、助成によるイベント中心の「活動」から継続して成果を上げる「事業」へ移行していくための考え方、事例等を実体験を交え紹介。

14:00〜14:55 パネルディスカッション
 「まちづくり事業と秋田活性化へのシナリオ」
 木下斉氏(市街地経営研究機構代表)
 西本千尋氏((株)ジャパンエリアマネジメント代表取締役)
 武内伸文(SiNG代表)
 加藤一恵子氏(まちかど情報局puratto代表)

15:05〜16:00 まちづくり事業プランコンテスト

SiNG 武内


投稿日時: 2010-2-27 20:39:12 (1512 ヒット)

秋田由利エコエネルギー研究会主催の「秋田由利エコエネルギー研究会第4回勉強会(みんなで広げよう 地球温暖化防止の輪)」にて講演、パネルディスカッションに参加してきました。岩手県葛巻町のエコミュージアムとしての先進事例、また、由利本荘地区のバイオマスタウンへのポテンシャルの高さなど、大変ためになる時間を過ごさせた頂きました。

<秋田由利エコエネルギー研究会第4回勉強会>
◇日 時:平成22年2月27日(土) 9:30〜12:00
◇場 所:本荘グランドホテル
<プログラム>
 ■事例発表
  「エネルギー自給のまちづくり」
   葛巻町農林環境エネルギー課  課長 荒谷 重 氏
  「気軽に始められる社会・環境活動 〜それぞれの第一歩〜」
   SiNG 代表 武内 伸文
 ■パネルディスカッション
  「みんなで広げよう 温暖化防止の輪」
   コーディネーター SiNG 代表 武内 伸文 
   アドバイザー 葛巻町農林環境エネルギー課 課長 荒谷 重 氏
   パネラー 本荘由利森林組合 代表理事組合長 小松 佳和 氏
          由利本荘市消費者の会 会長 磯貝 道子 氏
          木内商機(株) 代表取締役 木内 義範 氏
          秋田しんせい農業協同組合 営農経済部 次長 高橋 徹 氏
          由利本荘市農林水産部 部長 小松 秀穂 氏

SiNG 武内


投稿日時: 2009-10-14 19:28:55 (1847 ヒット)

将来の秋田像を皆さんで語り合うイベントです。
前半は、国際教養大学の熊谷教授に基調講演を頂き、
後半に、将来の秋田像を語るワークショップを開催します。
どちらかだけでも、部分的でも参加できます。お気軽にご参加ください。

<みんなでつくる将来の秋田像2009>

◇基調講演    13時〜14時30分
  熊谷嘉隆教授(国際教養大学) 
「人口、資源、環境収容力、そして過疎化」

◇ワークショップ 15時〜20時  
  15時〜18時30分(ワークショップ) 
  18時30分〜20時(交流会)

*)申込み/お問い合わせ
  消費者実践グループin秋田(こまちの会)
  代表 小山澄子さん
  TEL・FAX 018-835-2751
  Mail cfi_oysk@cna.ne.jp

SiNG 武内


投稿日時: 2009-10-14 19:11:40 (1544 ヒット)

国際教養大学にてゲストレクチャーを行うことになりました。
聴講生は海外からの留学生がメインだと思いますが、
日本のビジネス、特に秋田のビジネス習慣についてお話してきます。
タイトルは、「Japanese Business Practices:Business Culture in Akita」
です。

SiNG 武内


投稿日時: 2009-9-1 22:39:14 (1701 ヒット)

東北労働金庫・「第5回職場推進委員・友の会会員合同研修会」にて講演することになりました。

◇日 時:9月11日(金) 15時〜
◇場 所:秋田ビューホテル
◇タイトル:「気軽に始められる社会活動〜それぞれのはじめの一歩」

SiNG 武内


投稿日時: 2009-7-26 12:15:33 (1251 ヒット)

社会活動をいかに効果的に情報発信するかというテーマで、ワークショップを開催することになりました。体験型ワークショップで、楽しい2時間にできればと想っております。ご興味ある方は、是非いらっしゃってください。

SiNG 武内


<告知チラシ>
http://www.alve.jp/salon/news/news2107-003.htm

***以下告知チラシのコピーです。***

「市民活動にお役立ち! 社会への情報発信力を磨く」

「わらしべ貯金箱」で得た収益金で“ベロタクシー(自転車タクシー)”を購入し走行、
市民活動団体が仮装で行進しながら活動をPRする「チャリティーウオーキング」など、活動のすべてが話題になり、メディアにも取り上げられている、「SiNG(シング」代表の武内伸文氏を講師にむかえ、インターネットや様々なメディアを最大限活用した、情報発信の戦略などのお話をしていただきます。
 

■日 時:平成21年8月8日(土) 10:00〜12:00  

■会 場:秋田拠点センターアルヴェ3階 市民活動センター「市民交流サロン」
       (秋田駅東口より直結)

■講 師:SiNG(シング)代表 武内 伸文 氏
 
■定 員:20名(先着順)

■参加費:無料

■:対象:ボランティア・NPOなど市民活動をしている方、興味のある方どなたでも

■ゲストプロフィール

  【SiNG代表 武内 伸文 氏】
  昭和47年1月1日、秋田市生まれ。
  大学卒業後、外資系経営コンサルティング会社に8年間勤務。
  退職後、英国ウェールズ・カーディフ大学大学院で、持続可能な社会に関して研究、2005年に修士号を取得。同年秋に帰京後、社会活動団体「SiNG(シング)」を設立。各種講演、イベント開催等、家業(武内印刷株式会社)と共に精力的に活動中。

 
■お申込
  住所・氏名・電話番号・を添えて市民交流サロンまで、
  電話かファックスでお申し込みください。

  電話 018-887-5312    FAX 018-887-5659

  ※7月18日(土)午前9時から受付開始


投稿日時: 2009-6-26 1:29:34 (1320 ヒット)

7月前半は講演とパネリストの案件を多くいただいております。

<講演>
 7月1日(水) ノースアジア大学 「英国とチャリティ」 13時〜 
 7月2日(木) 聖園短期大学 「秋田のベロタクシー」 11時〜 

<パネリスト>
 7月8日(水) 全国新聞販売フォーラム2009秋田 13時40分〜 

より多くの方々へSiNGの活動や思いを伝えることができればと思います。

SiNG 武内


投稿日時: 2009-3-3 22:12:13 (1287 ヒット)

2月24日(火)、秋田市の外旭川小(6年生)の総合学習の時間に、講演してきました。その時間は、職業イメージを持つ目的のもので、社会起業家という職業を紹介してきました。1時間を頂いたので、前半を講演、後半を質問タイムに。講演は、「『社会が変わる』の仕掛人」というタイトルで、わらしべ貯金箱の事例、ベロタクシー、オバマさんの「Yes We Can」、英国事例など、様々な角度から、子供たちにメッセージを伝えました。

講演後の質問タイムでは、たくさんの質問を頂きました。中でも次の質問が印象に残りました。

生徒:「どうして社会活動をしているのですか?」
講師:「あまり考えたことがなかったけど、振り返ると、もともと、お客さんのため、誰かのために、何かすることが好きだったし、それが自分にとって嬉しかったと思う。それで、いま、社会のために活動をしているだと思う。」
生徒:「僕も誰かのためになる仕事ができるようになりたいと思います。」

子供たちへメッセージを伝える時間が、
思いがけず、素敵なエールを頂くことになりました。

SiNG 武内




投稿日時: 2009-2-19 1:18:21 (1361 ヒット)

2月17日 秋田市の桜中学校(1年生)の総合学習の時間で講演をしてきました。秋田を元気にする仕事や社会活動を知るという目的のもので、マスコミ分野、農業分野、社会活動分野から一人づつが講師を務めました。私は社会活動分野を担当し、「わらしべ貯金箱」の目的を説明しながら、社会活動が気軽に始められることをお話してきました。

「少ない額を貯金する人は?」
「どこに行けば参加できるの?」
「ベロタクシーに乗ってみたい」
講演後の質問、たくさんいただきました。

この講演が、社会活動への架け橋になってくれればと。

SiNG 武内


投稿日時: 2008-12-13 18:48:16 (1428 ヒット)

12月5日(金)、「エコ駅伝」に参加してきました。
「エコ駅伝」とは「やばせ本町どまん中(AKT秋田テレビ)」という番組中の、
様々な分野でエコに関わる活動をしている人を紹介するコーナーです。
「わらしべ貯金箱」や「グリーンドリンクス」の話をしてきました。

<当日の模様>
http://www.akt.co.jp/ecoden/ecodenrunners.html

SiNG 武内


投稿日時: 2008-11-16 20:12:49 (1426 ヒット)

11月15日(金)、秋田大学で、「Charity in the UK(英国のチャリティ)」というテーマでお話してきました。Introduction to Human Developmentという英語の授業で、授業は全て英語で行われました。

授業では、英国においてチャリティが身近で、気軽に参加できることや
多種多様なチャリティの例として、
 ・チャリティショップ
 ・チャリティマラソン
 ・チャリティ組織
 ・チャリティ運動 等
を紹介してきました。

質疑応答では、ガーナやパプアニューギニアからの留学生も参加し、
「開発国への社会活動の輪のひろげ方」
「留学で得た経験を自国に持ち帰ることの大切さ」等
活発な議論が交わされました。
1時間という短い時間でしたが、大変貴重な経験となりました。

SiNG 武内


投稿日時: 2008-11-1 19:51:15 (1470 ヒット)

11月9日(日)に開催されるコミュニティビジネスフェスティバルにパネラーとして参加します。

<コミュニティビジネスフェスティバル>
 ◇日 程:11月9日(日)
 ◇場 所:秋田拠点センターアルヴェ 1階きらめき広場
 ◇タイムスケジュール:
   11時〜
    オープニングセレモニー

   13時〜14時 
    パネルディスカッション 「あきたで夢をかなえるために」
      【パネリスト】
       ・NPO法人子育て応援Seed 様
       ・市民風車の会あきた 様
       ・わらしべ貯金箱実行委員会

   15時30分〜16時30分
     コミュニティビジネス情報交換会 「互いにエールを送ろう!」  

<当日の模様>



SiNG 武内


投稿日時: 2008-10-17 20:06:14 (1548 ヒット)

第1回CSRセミナー 「地元企業のCSRを考える 〜CSRは何のため?〜」
にて、講演、コーディネーターを務めます。

◇日  時:10月25日(土) 13時〜17時
◇場  所:遊学舎 会議棟
        住所:秋田市上北手荒巻字堺切24-2
 (アクセス http://www.akita-kenmin.jp/yugakusha/18.html)
◇参加費:無料
◇お問い合わせ:NPO法人あきたパートナーシップ(高杉さん) 829-5805


<プログラム>
13:00 開会
13:05 基調講演 「地元企業のCSR」 SiNG代表 武内伸文
14:00 事例発表 (株)伊徳 管理本部総務部部長 村岡邦夫氏
            (株)むつみワールド代表取締役 佐々木克巳氏
            (有)かがちゅうスポーツ 取締役会長 加賀忠雄氏
15:00 休憩
15:10 パネルディスカッション
 「理想的な地域社会と企業の役割とは」
 「企業と、市民・NPOとのつながりかた」
 「地元だからできること、できないこと」
     コーディネーター SiNG代表 武内伸文氏
     パネリスト 上記事例発表者3名

<詳細情報>
http://www.akita-kenmin.jp/npo/cgi/event/EventsDisp.asp?EVENTNO=3745

<当日の模様>


SiNG 武内


投稿日時: 2008-9-27 2:16:15 (1612 ヒット)

昨年に引き続き、環境政策提言ワークショップにて、ファシリテーターを務めます。3回シリーズのワークショップを通じて、構想→企画→立案のプロセスを体験するものです。今年の講師は政策提言経験が豊富な高樋さち子氏(秋田大学教育文化学部環境情報講座准教授)です。参加費は無料、1回だけの参加もOKです。

<第1回 『構想』 〜政策提言を知る〜>
◇日 時 10月18日(土) 13時30分〜16時30分
◇場 所 アトリオン7F研修室
◇内 容 高樋氏の講演/事例紹介((株)花よし 佐藤浩志氏)/グループワーク

<第2回 『企画』 〜政策提言を作る〜>
◇日 時 11月8日(土) 13時00分〜16時00分
◇場 所 アルヴェ3F 市民交流サロン
◇内 容 グループワーク/中間発表

<第3回 『立案』 〜政策提言を評価する〜>
◇日 時 11月22日(土) 13時00分〜16時00分
◇場 所 アルヴェ3F 市民交流サロン
◇内 容 グループワーク/最終発表

*昨年の模様
http://www.eco-akita.org/topics/322/index.html

(↓↓申し込み・問い合わせ先↓↓)
 消費生活実践グループ in 秋田 
 代表 小山澄子さん
 TEL・FAX 018-835-2751 
 メール cfi_oysk@cna.ne.jp


SiNG 武内


投稿日時: 2008-9-17 22:16:32 (1521 ヒット)

10月15日(水)、第三回KDセミナー(*)にて、「サスティナビリティと『食』」というテーマで、講演することになりました。

◇日 時:2008年10月15日(水) 午後2時〜午後8時
◇場 所:秋田キャッスルホテル 4F 放光の間
◇内 容:第一部 講演2題
      ■「ミツバチ屋からはちみつ屋への経営転換」 講師 西村隆作氏
        山のはちみつ屋 有限会社ビー・スケップ 代表取締役
      ■「サスティナビリティと『食』」 講師 武内 伸文
        SiNG 代表   
      第二部 車座ディスカッション
      第三部 コミュニケーションパーティ
◇会 費:5000円(懇親交流会費含む)
◇主 催:株式会社かねひろ/株式会社ダイナミックサニート
◇申し込み先:株式会社かねひろ内 KDセミナー事務局 018-862-6481


*)KDセミナー:株式会社かねひろ(トータルパッケージングシステム)と株式会社ダイナミック・サニート(ペストコントロール)によるコラボ企画。食品関連企業に役立つテーマで開催。
**) (株)かねひろ http://www.e-kanehiro.com/seminar.html
   (株)ダイナミック・サニート http://www.dynamic-snt.co.jp/corporate/kd/03.html

<当日の模様>






SiNG 武内


投稿日時: 2008-8-6 0:40:43 (1440 ヒット)

社団法人日本青年会議所 東北地区 秋田ブロック協議会より、
「TOYP2008 発見!あきた人間力大賞(*)」を頂きました。

 (*)TOYP大賞とは、地域においてさまざまな部門で素晴らしい社会活動をしている傑出した若者を発掘し表彰、顕賞するもの。

2008年7月5日、横手のかまくら館にて、表彰式が行われ、
表彰式の後、簡単な活動紹介も行ってきました。
<活動紹介の模様>
http://2008.yokotejc.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=138

日頃の活動を評価いただいたことを、ありがたく思うと同時に、
多くの同世代に活動を紹介する機会を頂き、
とても有意義な時間を過ごすことができました。
改めまして、ありがとうございました。

SiNG 武内


投稿日時: 2008-6-29 1:03:05 (1418 ヒット)

株式会社ダイナミックサニート様より、
SiNGの活動についてのインタビューを受けました。

インタビューの内容は、
株式会社ダイナミックサニート様の広報誌「ハーメルンの笛」および、
ホームページの「躍動!秋田のチャレンジ人(ビト)」というコーナーに掲載されています。
http://www.dynamic-snt.co.jp/corporate/yakudou/001/yakudou_001.html

SiNG 武内


投稿日時: 2008-6-23 20:04:33 (1345 ヒット)

「市役所の建て替えについて語らう会(中間報告会)」にパネラーとして参加します!どなたでも参加できるイベントです。

 ◇日 時:平成20年6月24日(火) 18時30分〜20時45分
 ◇会 場:ジョイナス 3階 大研修室
 ◇参加費:無料
 ◇パネルディスカッション
   (コーディネーター兼パネラー)
    折田仁典さん(NPO法人秋田地域問題研究会理事長・秋田高専教授)
   (パネラー)
    あゆかわのぼるさん(エッセイスト)
    人見高司さん(秋田市議会議員)
    丸の内くるみさん(NPO法人あきたパートナーシップ理事長)
    武内伸文(SiNG代表・わらしべ貯金箱実行委員会代表)

SiNG 武内


投稿日時: 2008-6-10 16:06:45 (1329 ヒット)

ノースアジア大学で講義することになりました。
テーマは、「英国のチャリティ」と「わらしべ貯金箱」についてです。

<日 時> 6月11日(水) 13時〜14時30分
<場 所> ノースアジア大学 301教場(3F)

尚、一般の方でも聴講可とのことなので、ご希望の方はご連絡ください。

SiNG 武内
090-2363-0398
sing_japan@hotmail.com


投稿日時: 2008-5-29 1:11:11 (1387 ヒット)

秋田市環境活動推進協議会(総会)にて講演します。

◇日時:6月4日(水) 15時〜16時
◇場所:サンパル秋田 大会議室
◇テーマ:「環境活動の輪〜わらしべ貯金箱活動を通じて」


SiNG 武内


投稿日時: 2008-4-4 0:19:51 (1571 ヒット)

秋田ユネスコ協会で講演します。

◇日  時:4月12日(土) 13時〜14時30分
◇場  所:ジョイナス 3F 第4研修室
◇タイトル:「社会活動の輪〜わらしべ貯金箱活動を通じて〜」

SiNG 武内


投稿日時: 2008-3-28 0:59:09 (1294 ヒット)

 『ワンデイトリップ』というFM番組でSiNGの活動に関するインタビューの模様が放送されます。東北各地のさまざまな旬の話題をお届けする番組で、東北6県(東北コミュニティ放送協議会加盟21局ネット)で視聴できます。
*)秋田市では秋田コミュニティー放送(FM76.5)

◇放送日時: 3月28日(金) (13:00〜13:10)

SiNG 武内


投稿日時: 2008-3-12 3:16:04 (1567 ヒット)

3月19日(水)に開催される「市民参加のまちづくりフォーラム」にパネリストとして参加することになりました。

◇日  時:3月19日(水) 18時30分〜20時45分
◇場  所:秋田拠点センター アルヴェ 2F多目的ホール
◇概  要: 
       □ショートレクチャー 「秋田版メインストリートプログラムの実践」
        ・鈴木俊治氏(有限会社ハーツ環境デザイン 代表取締役)
       □取組み紹介 「仲小路振興会の取組みについて」
        ・時田和幸氏(NPOほっとアートあきた理事長)
       □パネルディスカッション
        ・岩本幸枝氏(ふれあい通り女性の会会長)
        ・笹尾千草氏(秋田カジュアルアーツフェスタ実行委員長)
        ・芳賀洋介氏(仲小路JAZZフェティバル実行委員長)
        ・三井晃子氏(第一回秋田ホットHOTクリスマスフェスタ実行委員)
        ・武内伸文(SiNG代表)
 
<参照> http://www.city.akita.akita.jp/city/ur/rd/sonota/forum/080319forum.htm


SiNG 武内


投稿日時: 2008-1-12 20:09:59 (1419 ヒット)

高校生の英語によるビジネスアイデアコンテスト(国際教養大学主催)の審査員を努めました。

県内4校によるプレゼンテーション、どのグループも、ユニークで、自由な発想が随所に見られ、内容の濃いものでした。特に、予算や実行計画という概念を重要視せず、大胆なアイデアを披露している点において、改めて、”先に来るべきは、予算ではなくアイデアなんだな”と考えさせられました。

SiNG 武内


投稿日時: 2007-12-14 21:58:30 (1952 ヒット)

秋田化学技術協会で講演してきました。
 ◇テーマ:「持続可能な社会に向けて」
 ◇日 時:12月14日(金) 15時〜
 ◇会 場:秋田大学

<講演要旨>
持続可能な社会に向けて
昨今のメディアを通じて、「サステナビリティ(*)」、「持続可能性」という言葉をよく耳にするようになってきた。少しづつ持続可能な社会に向かう気運を感じることができるが、目指す先にある持続可能な社会に対するイメージは千差万別である。例えば、CO2の排出量を削減することなのか(**)、最低限の社会基盤へのアクセシビリティなのか、GDPなのかこれまで定義されてきた指標も多岐にわたる。
指標化されている項目は、データ取得の都合から定量的な側面に制約される傾向にあるが、現実社会を検討する上では、定性的な側面を含め広く検討するべきと考える。
このように定義付けが難しいテーマではあるが、あえて持続可能な社会を“環境にやさしい豊かな社会”と定性的に定義し、その検討単位を秋田と位置づけることで議論のスタートにしたいと考える。
【参照】
*:1987年 環境と開発に関する世界委員会(WCED)の報告書“Our Common Future”
**:エコロジカルフットプリント

ハードだけでなくソフトも大事
“環境にやさしい豊かな社会”を構築する上で、ハード面、ソフト面の双方の整備が必要となる(図1:環境にやさしい豊かな社会の構成図)。ハード面とは、我々の暮らしを支えるインフラ環境で、公共交通、流通、医療・福祉、エネルギー等を指し、ソフト面はそれらを利用するプレイヤーである、人・NPO、企業、行政等を指す。当議論は、これまであまり触れられてこなかったソフト面を中心に議論することにする。

当事者意識を育む上で
ソフト面で大事なことは、当事者意識を育むことである。ここでいう当事者意識とは、現状を正しく受け止めて、前向きな行動に繋げるイシキである。このように人の意識を変えることは時間のかかる長期的に取り組みとして捉える必要がなる。そこでは一過性に終わらぬような、継続的な仕掛け・仕組みを作ることが重要となる。一般的に、人が変化を受け入れる上でチェンジ・アクセプタンス・カーブという5つのステップ(知る→理解する→できる→行動する→率先する)があり、当事者意識もそのステップに基づき、じっくり醸成していく。
変化を受け入れる対象が不特定多数で、経験、性格、心理状況等の条件が様々であることを踏まえ、許容性のある長期的な視野に立った取組みが必要となる。これまでのSiNGによる社会活動を通じて、持続的な社会活動の基本原則が挙げられる。

<社会活動の基本原則>
「原則 Уし擇機
「原則◆Г任る範囲で」
「原則:実感」
「原則ぁ遊び感覚」

現在SiNGでは以上の基本原則を実践する活動を行っている。
活動事例 Г錣蕕靴拊金箱〜チャリティーフリーマーケット(気軽に参加できる社会活動への誘い)
活動事例◆Д戰蹈織シーの走行〜街へ遊び感覚のある乗り物の導入(わらしべ貯金箱の実感として)
活動事例:グリーンドリンクス〜気軽に社会・環境について語り合う会
活動事例ぁГ△タンコンテスト〜秋田の魅力の商品化

秋田への5つの提言
以下にSiNGが計画中の「秋田への5つの提言」を紹介する。秋田の現状や将来的な見通しに基づき、「食」、「公共交通」、「エネルギー」の3つの側面から、環境にやさしい豊かな社会に向けた政策である。
(サステナブルな「食」)
 提言 味覚マイスター制度〜次世代への食文化伝承
 提言◆日本酒ソムリエ〜日本酒を中心とした地域ネットワークの構築
(サステナブルな「公共交通」)
 提言:中距離格安交通網〜遊び感覚の導入
 提言ぁ誰でもバス〜利用者中心の交通
(サステナブルな「エネルギー」)
 提言ァТ超特区〜技術集約による化学反応

SiNG 武内


投稿日時: 2007-12-13 23:54:23 (1455 ヒット)

河北新報でSiNGの活動が紹介されています。

http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20071203_01.htm


(1) 2 »
わらしべ貯金箱
現在の貯金
(2012年4月29日現在)

2,205,801

わらしべ貯金箱とは?

最新イベントチラシ

MENU